セキュリティ

使わないメールアドレスを放置するのはとても危険です!

ビジネスツールとして重要なメールアドレス

仕事の連絡方法と言えば、もはやメールが第一のビジネスツールではないでしょうか?

毎日の連絡事項、プレゼン資料の添付、報告書の配信、写真画像の添付、などなどとても便利なツールがメールです。

しかし、退社などで不要となった社員のメールアドレスを、そのまま放置していないでしょうか?

今回は「使用していないメールアドレスを放置するのは危険です」
いう内容の説明と対応策を解説していきます。

メールアドレス使用終了

社員が退社された時に、その方のメールアドレスはどうしていますか?

セクションの代表メールなど、設定したけど実際には使用していないメールアドレスなどはありませんか?

使用していないメールアドレスをそのまま放置する行為はとても危険です。

世界中のハッカーは使用していないメールアドレスを物色しています。
もちろん人間が目視で探すのではなく、専用のロボットを使って24時間、365日、インターネットの世界をひたすら探しているのです。

ハックされるとどうなる?

使用していないメールアドレスを見つけたハッカーは、今度は解析ロボットを使ってIDとパスワードを突破しようとします。

毎日のように使用しているメールアドレスであれば、この時点で不審な動きに気づきます。

しかし、使用していないメールアドレスの場合、発見が遅れます。

ハックされたメールアドレスは、スパムメールの発信源として悪用されてしまいます。

そして何万通というスパムメールが送信されます。

サーバー停止の危険性あり

同じメールアドレス、同じサーバーから連続してスパムメールが送信されると、相手側のプロバイダや相手側のサーバーがセキュリティを発動します。

具体的にはスパム発信源のメールアドレス、ドメイン、サーバーを順次ブロックします。

それでは、順番にどういう事態になるか見ていきましょう。

1. メールアドレスブロック

ハックされたメールアドレスをプロバイダやサーバー側がスパムと認定してブロックします。 当然、相手にはメールが届かなくなります。

2. ドメインブロック

企業ドメイン(xxx.co.jp等)ごとブロックされるため、他の社員が利用しているメールアドレスもスパムと認定され、相手に届かなくなります。

3. サーバーブロック

サーバーのIPアドレスでブロックされます。 つまり、同じサーバーを利用しているまったく関係ない他社のメールアドレスもスパムと認定され、相手にブロックされてしまいます。

ここまでくるともう非常事態です。
サーバー元から利用停止処分になる可能性がでてきます。

今回のまとめ

目に見えない部分なので後回しになりがちですが、使用終了となったメールアドレスは、すぐに削除するのが自己防衛手段としてベストです。

サーバー担当者、サーバー運営会社に早目に連絡するべきです。

安全で快適なインターネット環境のため、ご理解とご協力をお願いします。

-セキュリティ
-,

Copyright© MAXI design Blog , 2020 All Rights Reserved.