Mac

Mac アクセス権を修復する方法

毎日のようにMacを使っていると挙動がおかしくなる場合がある。
いろいろ原因があるが、おかしいなぁと思ったらすぐに試すべきメンテナンスがある。

「アクセス権の修復」
Macはそれぞれのファイルごとに「アクセス権」というものが設定されていて、誰がアクセスでき、誰が読み書きできるかを保存している。
この「アクセス権」という小さな設定が使っているうちに何故か正常とは違う状態に保存されてしまい、挙動不審の原因になってしまう。
軽微なファイルなら問題なく動くのだが、重要なファイルだとアプリが開かなかったり、ファイルが保存できないなどのエラーにまで発展してしまう。
そんな時のためにMacはメンテナンスアプリを用意してくれている。
「ディスクユーティリティ」
そう、あのフォーマット等で使用するアプリだ。
では順番に方法を見ていこう。

Mac アクセス権を修復する方法

  1. Finderのメニューバーから「移動」をクリック
  2. 「ユーティリティ」を選択
  3. 「ディスクユーティリティ」をダブルクリックで起動
  4. 修復したいディスクをクリックして選択
  5. 「ディスクのアクセス権を修復」をクリック
  6. 作業が終了するまで待つ
Mac アクセス権を修復する方法


これで「アクセス権」の修復が完了した。
驚くほど大量のファイルが表示され「アクセス権」が正しく修復されたはずだ。
調子が悪くなってからやるよりも、定期的に実施した方が快適にMacを使用できるだろう。
人間の定期検診と同じに考えて、毎月1日に実施しています。
月に1回実施しているとかなり快適です。お試しください!

-Mac
-, , ,

Copyright© MAXI design Blog , 2020 All Rights Reserved.