Apple Mac

Mac

迷惑メール 条件フィルターのコツ

投稿日:2012/01/11 更新日:

毎日のように迷惑メールが届いている。
迷惑メールで効果が上がる時代は終わったと言うのに、いまだに時代遅れの行為を繰り返している。ネット上にゴミをまき散らす迷惑行為は許せない。

この迷惑メールを取り除く方法はいくつかあるが、特定のメールアドレスから届く場合は割と簡単に除外できる。

サーバー側の条件フィルター、またはメールアプリの条件フィルターに迷惑メールを送ってくるメールアドレスを指定して除外すればいい。

差出人のメールアドレスを指定するのだが、これだけでは甘い!
差出人を偽装して迷惑メールを送っている業者が多数いるからだ。

迷惑メールフィルター設定のコツ

  1. 詳細ヘッダーを表示して「Return-Path:」を探す
  2. このメールアドレスも除外アドレスに指定する

「Return-Path:」は、正常にメール受信が行えなかった場合などの返送先だ。
サーバーの条件フィルターでは、この「Return-Path:」も参照するので、必ずここも指定しておこう。これで、だいぶ迷惑メールが減るはずだ。

maxi_336

maxi_336

maxi_reccomend_post

  • この記事を書いた人
uma

uma

Webデザイナー/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/Photoshop/既婚/ 1998年に東京都渋谷区でWebデザイナー独立開業。HTMLとCSSを駆使してサイト構築していたらあっという間に開業20年。最近はWordpressを楽しんでいます。

-Mac
-, , ,

Copyright© MAXI design Blog , 2019 All Rights Reserved.