MAXI design Blog

Webデザイン・Wordpress・SEO・ブログなど、収入とアクセスを改善させるノウハウ集!

ワードプレス

ワードプレス 自動バックアッププラグイン「BackWPup」

WordPressのバックアップはデータベースとコンテンツファイルの両方が必要になる。

MySQLの操作と手動コピーでも可能だが、できれば自動スケジュールで毎日楽々バックアップを実施できたらかなりいいね。そんな希望をかなえるプラグインがあった!

WordPressプラグイン「BackWPup」
インストール&有効化するとダッシュボード左下に「BackWPup」メニューが追加されるのでそれをクリック。
「Add New」をクリックして新しいバックアップを作成する。
ここからは設定項目が多いので順に見て行こう。

右カラム設定

「Job Type」
MySQLデータベースとコンテンツファイルの両方を同時にバックアップできるのがこのプラグインの優れた点。この2つにチェックを入れる。
WordPress プラグイン BackWPup

「Job Schedule」
太字の「Activate scheduling」にチェックを入れる。
毎日バックアップしたいので、「daily」にチェック、サーバーの負担などを考えて、深夜3時のアクセスが少ない時間帯を選んでみた。
WordPress プラグイン BackWPup

「Backup File」
デフォルトのままでOK、ZipファイルならWindowsでもMacでも対応できる。
WordPress プラグイン BackWPup

「Send log」
自分のメールアドレスを入力する。
毎日毎回報告ログが届いても面倒だよね。下のチェックボックスにチェックを入れると、エラーの時だけメールで教えてくれるのでチェックを入れる。
WordPress プラグイン BackWPup

左カラム設定

「File Backup」
WordPressコンテンツファイルのどれをバックアップするか?という項目。デフォルトだと全部にチェックが入ってしまうが、これだとかなりサイズの大きいバックアップファイルになってしまうためムダが多い。そこで考えてみたが、Plugins、Themes、これらは毎回バックアップをとる必要がない。自分のローカルPCに元があれば再インストールは簡単だ。つまりここで選択するのは「Blog Uploads」のみでOK。
WordPress プラグイン BackWPup

その下の項目はどこにバックアップを作成するか?という設定項目が続く。FTPサーバー、メールで送信等とても多機能だが、今回はWordPress内とDropboxを利用してみた。理由はFTPサーバーだとなぜかエラーが多発したからだ。メール送信もかなり大きいZipファイルになり、それを毎回メールで受け取るというのも敬遠した。すべて自動化=知らないうちに全部終わっている。というのが理想だからね。

「Backup Folder」
ここを指定するとWordPressを同じディレクトリ内にバックアップを作成できる。入力欄の下にある「Your WordPress dir is:」というパスを参考にして、バックアップするディレクトリを指定する。
下の小さい入力欄には何個バックアップファイルを作るか?という指定。
今回は3個を指定した。古いものは自動で削除されるのも素晴らしい!
WordPress プラグイン BackWPup

「Backup to Dropbox」
ここを指定するとDropBox内にバックアップファイルを作成できる。
LoginしてFolderを指定する。
バックアップファイルの数はDropBoxの容量を考え、さっきより少ない2個にした。
WordPress プラグイン BackWPup

バックアップの基本として、違う場所に複数作成して危機管理することにある。
通常のHTMLで作成されたホームページなら、ローカルPCにファイルがあるが、WordPressはサーバー上に構築されるため、サーバーからローカルへのバックアップが必要だ。

WordPressで作った大切な情報、きちんとバックアップして備えておこう!

-ワードプレス
-, ,

Copyright© MAXI design Blog , 2020 All Rights Reserved.