サーバー

A8.net エックスサーバー

Other

ピンタレスト画像をブログに使用するのは危険

投稿日:2018/05/01 更新日:

ブログに画像を使用したい

ブログを書いているとイメージ画像が必要な場合がある。

その記事内容に合ったヘッダー画像や本文中の説明として画像があると説得力が増すからだ。

通常はフリーの画像サイトから必要な画像を探すことになるが、

これにも限界がある。

人物画像、TV番組、キャラクター、映画、

これらはズバリの画像がないため、

なんとかイメージに近い画像を探すのだが、

これがなかなか大変な作業なのだ。

Pinterestはどうだ?

そんな時に人気の画像保存サイト「Pinterest」の存在を思い出した。

Pinterestは自分の気に入った画像を保存できるし、

他の人がPinした画像を自分のボードにまとめることもできる。

Pinterestでブログに貼りたい画像を見つけたら、

上にある「…」ボタンから「埋め込む」を選び、

ブログなどに貼り付けることができる。

Pinterestには、

ものすごい数の画像がある。

海外セレブはもちろん、映画、自動車、バイク、

なんでも画像が保存されている。

もしPinterestの画像がブログに使用できたら、

これほど便利なものはない。

Pinterestの規約は怖い

前回の記事でも書いたが、

Pinterestの規約は少し怖い内容になっている。

詳しくは前記事を読んで欲しい。

1. Pinterestの使用

1-Cに、Pinterestを商用利用する場合は、

法人アカウントの取得が必要と書いてある。

アフィリエイトブログはもちろん商用利用となるので、

個人アカウントの時点で規約違反になってしまう。

著作権違反

Pinterestを利用しているという事は規約に同意した事になる。

もし、元画像とブログによる再配布が著作権違反の訴訟対象として訴えられた場合、

元画像をアップしたユーザーと再配布したユーザーは著作権違反で訴えられる可能性が強い。

しかもこの裁判はカリフォルニア州で開かれ、

カリフォルニア州の法律で裁かれる。

訴えられた本人の訴訟費用はもちろん、

Pinterestの訴訟費用もユーザーが負担すると規約に書かれいてる。

そこまでリスクを負えるか

ネット上には、

Pinterest画像を平気で使用しているブログがいくつかある。

海外セレブや外車の画像など確かに使えれば便利なものがたくさんあるが、

その元画像は正式な権利者がアップしたものだろうか?

恐らくほとんどが違法画像だと思われる。

今日のまとめ

便利なのは分かるが、

そのリスクはとても大きい。

私にその勇気はないので、

安全な画像でブログ運営を進めていきます。

maxi_336

maxi_336

maxi_reccomend_post

  • この記事を書いた人
uma

uma

Webデザイナー/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/Photoshop/既婚/ 1998年に東京都渋谷区でWebデザイナー独立開業。HTMLとCSSを駆使してサイト構築していたらあっという間に開業20年。最近はWordpressを楽しんでいます。

-Other
-, , ,

Copyright© MAXI design Blog , 2018 All Rights Reserved.