MAXI design Blog

Webデザイン・Wordpress・SEO・ブログなど、収入とアクセスを改善させるノウハウ集!

Other

自分のブログをSSL対応にするメリット

SSLとは...

2017年10月、ホームページの常時SSL接続という流れがインターネット界で始まった。

正式名称 Secura Socket Layer を略して「SSL」と言う。

具体的にはホームページを全ページ暗号化し、

なりすましサイトなどを排除する事を趣旨としている。

これはGoogleの提唱する「ホームページの安全な接続」を意味している。

Google Chromeが10月にアップデートされ、

SSLでないサイトの場合に「警告」が表示されると発表したのが大きな理由だ。

今までは金融系企業ぐらいしか導入していなかったSSLだが、

一般人のブログレベルまでこの常時暗号化という大げさな仕様に準拠しなければならなくなった。

まぁ安全な接続の方が良いのだが、

レンタルサーバー側などが十分な対応を用意していなかったため、

少しドタバタとしてしまった。

ブラウザに「安全」表示される

このブログはもちろんSSL化されている。

ブラウザのアドレスバー(URLが表示されているところ)を見てほしい。

緑色の鍵マークと「保護された通信」などの安全表示が出ているはずだ。

スマートフォンでの表示も同様であり、

緑色の鍵アイコンなどが表示されている。

この部分がとても重要であり、

SSL対応でない場合は赤色の警告アイコンなどが表示されてしまう。

Googleの検索上位に表示される

GoogleがSSL対応のサイトは検索上位に表示されると発表した。

現在ほぼ独占状態である検索情報サイトのGoogleが「安全」であることを検索結果の解析ロジックで重要と定めたのだ。

これだけで、世界中をSSL対応に導く事ができるぐらいのインパクトがある。

サイトを運営していれば少しでも上位に表示されたいものだろう。

その要件にSSLが必要だよ。

と言われたら誰でも従うしかないのだ。

URLが変更になる

URLも少し変更になる。

今までの「http://xxx.xxx.jp」などの表示が「https://xxx.xxx.jp」という風に「s」が加わるのだ。

これは少し別の問題が起こってくる。

サイト全体がSSLに対応していないと安全マークが表示されないので、

全ページのHTMLリンクの設定が「https:」を使用していないとならない。

つまり、サイト内の全リンクを変更する必要がでてくる。

SSLにかかる費用

通常はSSL証明書を購入し、

それをサーバーにインストールして使用する。

最近はこのSSL化の流れを受けて無料SSLを提供するレンタルサーバーが増えてきた。

そのため、今までは有料SSLしか扱っていなかったレンタルサーバーも、

急遽無料SSLを提供するところが出てきた。

これからのレンタルサーバーは、

無料でSSLが付いてくるのが必須サービスになるだろう。

今日のまとめ

訪問者にとって安全かどうか?

その部分が今まで野放しであったネット界。

これで安全なブラウジングが広まれば良いことだ。

特に費用もかからないので、ぜひSSL化しましょう。

-Other
-, , ,

Copyright© MAXI design Blog , 2019 All Rights Reserved.