MAXI design Blog

Webデザイン・Wordpress・SEO・ブログなど、収入とアクセスを改善させるノウハウ集!

ワードプレス

ワードプレス プラグイン Watermark Reloaded

撮影した写真をブログに掲載するのは良くある事だが、他人がその写真を無断使用するのは著作権法に反する行為だ。

風景や商品をデジカメで撮影した写真は撮影者の著作物となる。
ネット上にあっても勝手に使用してはならないはずだが、無断使用が横行しているのが現状だ。

無断使用できなくする一般的な方法は
画像の上に著作権者の名前やロゴを入れる方法だ。
さすがに名前が入っていたら無断で使用しないだろう。

ではブログに載せる写真に
毎回Photoshopで加工して文字を入れれば解決か?
う〜ん、かなりの手間が増えてしまう!

アップロードするだけで自動で文字入らないかな〜
そんな甘い気持ちで探したらズバリのプラグインがありました。

「Watermark RELOADED」

ウォーターマークとは透かしの事だ。
このプラグインを使うとアップロードした画像に好きな文字が自動的に入る。
ではさっそく設定方法を見ていこう。

Watermark RELOADED 設定方法

  1. 「Watermark RELOADED」をインストールし有効化
  2. 左の「設定」メニューから「Watermark Reloaded」を選択
  3. 文字を入れたい画像サイズにチェック
  4. 文字を入れる位置を指定
  5. 余白を指定
  6. 入れたいテキスト、フォント、サイズ、色を指定
  7. 最後に「Save Changes」をクリック

WordPressプラグイン Watermark Reloaded
これで設定完了だ。
試しに画像をアップロードするといつもより少し時間がかかり、
ちゃんと文字の入った画像がアップロードされた。

WordPressプラグイン Watermark Reloaded テスト画像

Watermark RELOADED 注意点

加工した画像がアップロードされるので、文字のない画像を使用したい時には別の画像をアップロードする必要がある。
アップロード時に自動加工されるので、過去にアップロードした画像には文字は入らない。

このプラグインを使用すれば、
いつもと同じ作業で自動的に著作権者の文字が入る。
無断使用に困っている方は是非お試しください!

-ワードプレス
-

Copyright© MAXI design Blog , 2020 All Rights Reserved.