MAXI design Blog

Webデザイン・Wordpress・SEO・ブログなど、収入とアクセスを改善させるノウハウ集!

Mac

Mac 音楽ファイルの余分な音をガレージバンドでカットする方法

こんにちは、アウトドア系デザイナーのumaです。

Macを使っていて音楽ファイルを編集したい時ってありますよね?

しかも、できればフリーソフトとか有料ソフトをインストールしないで、

Macだけで編集できたら最高ですよね。

ポイント

レコーダーなどで録音した会議記録
自分の歌
MP3とかの音楽

これををMacに取り込んで最初の余分な音をカットしたい時とかです。

音楽ファイルを編集したい

まぁこのままでも何も問題ないのですが、

やはりこだわりたい部分でもあります。

さっそく結論になりますが、

Macに標準付属のガレージバンドだけでできます!

それでは順番に編集方法を見ていきましょう。

Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

  1. まず編集したい音楽ファイルを用意
  2. GarageBandを起動
  3. 新規プロジェクト「Voice」を作成
  4. 好きな名前を付けて「作成」
  5. 編集したい音楽ファイルをメインウインドウの中央にドラッグ&ドロップ
  6. スペースキーを押してファイルを再生(ストップもスペースキー)
  7. カットしたい場所を見つけてそこに赤いラインをドラッグ(上の三角形)
  8. 編集したい音楽ファイルのトラックをワンクリックして選択
  9. メニューバー「編集」から「分割」を選択
  10. カットしたい部分をワンクリックして選択し「delete」
  11. 編集後のトラックを左にドラッグしてdeleteした部分を埋める
  12. メニューバー「共有」から「iTunesに曲を送信...」を選択
  13. 後で分かりやすい様にアーティスト名などを入力し「共有」をクリック
  14. iTunesが起動し自動で登録
Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法
Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法
Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

これで完了!

iTunesに登録されれば後はiPhoneで持って外出することも可能です。

今日のまとめ

音楽を作るだけでなく、GarageBandは色々な使い方ができます。

標準でインストールされてるアプリなのでガンガン活用しましょう!

-Mac
-, ,

Copyright© MAXI design Blog , 2019 All Rights Reserved.