Mac

迷惑メール 条件フィルターのコツ

毎日のように迷惑メールが届いている。
迷惑メールで効果が上がる時代は終わったと言うのに、いまだに時代遅れの行為を繰り返している。ネット上にゴミをまき散らす迷惑行為は許せない。

この迷惑メールを取り除く方法はいくつかあるが、特定のメールアドレスから届く場合は割と簡単に除外できる。

サーバー側の条件フィルター、またはメールアプリの条件フィルターに迷惑メールを送ってくるメールアドレスを指定して除外すればいい。

差出人のメールアドレスを指定するのだが、これだけでは甘い!
差出人を偽装して迷惑メールを送っている業者が多数いるからだ。

迷惑メールフィルター設定のコツ

  1. 詳細ヘッダーを表示して「Return-Path:」を探す
  2. このメールアドレスも除外アドレスに指定する

「Return-Path:」は、正常にメール受信が行えなかった場合などの返送先だ。
サーバーの条件フィルターでは、この「Return-Path:」も参照するので、必ずここも指定しておこう。これで、だいぶ迷惑メールが減るはずだ。

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-Mac
-, , ,

© 2020 MAXI design Blog