WordPress

ワードプレス プラグイン「Embed PDF」

こんにちは、うまです。
Web制作歴20年、ブログ歴は10年です。

WordPressを使っていると画像で表現したい場面がある。何かを説明したり、参考資料を掲載する場合だろう。JPEG画像なら普通に掲載できるが、PDFだとリンクになってしまうためダウンロードして閲覧する事になる。

そこで、投稿した記事にそのままPDFが表示するためのプラグイン「Embed PDF」を設置した。

下は「Embed PDF」で埋め込んだGarageBandのマニュアルPDFファイルだ。

https://www.maxi-design.jp/blog/wp-content/uploads/GarageBandTutorial3-J.pdf

記事の幅に自動サイズ調整、スクロール、拡大、縮小、新規ウィンドウ表示ができる。新規ウィンドウはGoogle ドキュメントを利用し、元ファイルのダウンロード、Google ドキュメントへの保存ができる。さらにテキストが生きているPDFファイルならば、内容の検索が可能となる。

PDFを表示するプラグイン「Embed PDF」設定方法

  1. インストール、有効化
  2. 画像アップローダーでPDFファイルをアップロード
  3. とりあえず記事に挿入
  4. ファイルURLの前に[ ]の中にembedというタグ、最後は[ ]の中に/embedというタグで囲む
  5. 横幅指定をしないとテーマによってはみ出してしまうので指定しておこう。

通常のPDFダウンロードだとダウンロードするまで内容が分からないが、この「Embed PDF」なら、まず見て確認し、必要ならダウンロードするというムダのない誘導が可能になる。

企業のマニュアルなどを設置しているサイト、ダウンロード資料が多いサイトなどにはお勧めのプラグインだ。

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-WordPress
-, ,

© 2020 MAXI design Blog