Mac

Mavericks 無料アップグレードには注意!

Macを使っていると「最新バージョンの OS X に無料でアップグレードしましょう。」というポップアップが時々出てくる。

AppleはOSのアップグレードを無料化したため、
かなりお得なイメージがあるが、タダほど高いモノはない!
少し考えてからアップグレードしよう。

OS X Mavericks 無料アップグレード

アプリケーションの対応

使っているMacのOSだけ新しくなってもそれだけでは仕事にならない。
自分が使っているアプリが最新OSに対応しているかを確認したい。
Mac OS X Mavericks のバージョンナンバーは 10.9だ。

Photoshopやエディター等のメーカーサイトに行き、
自分の使っているアプリが10.9で動くかどうかを確認。
アップグレードした後でアプリが動かない!という事態は避けよう。

10.9 Mavericksの不具合

ネット上にも数多くの不具合事例が報告されている。
Googleで「Mavericks 不具合」で検索するとすぐに見つかる。

  • メールアプリでメッセージが取得できない。
  • メールアプリを起動するとクラッシュ
  • スリープ復帰後に音が出なくなる。
  • 設定ファイルを消してしまうバグ
  • 外付けHDDのデータ消失

などなどかなりの不具合がある。
これらはアップデーターで対応していくのだろうが、
なかなか全てには対応できないだろう。

中でもHDDのデータ消失は深刻な問題だ。
米国大手HDDメーカーのWestrn Digital社は
OS X Mavericksへのアップグレードを当面中止するよう顧客に呼びかけている。
INTERNET Watch 記事

無料だからとすぐに飛びつくのではなく、
慎重にアップグレードすべきかどうかを検討して欲しい。

ポップアップで訴求してくる手法はどうも好きではない。
Microsoft的な押しつけ感がある。
Appleにはもう少しスマートな企業であって欲しい。

あわせて読みたい関連記事

-Mac
-, ,

© 2021 MAXI design Blog