Mac 画面キャプチャーを快適にするアプリ SimpleCap

2020/06/06

Macで画面キャプチャを撮るのはとても簡単だ。
しかし、メニューを撮影するなどの機能は備わっていない。

撮影モード時のカーソルも小さく使いにくい。
思っていたサイズに撮影するために何度も撮り直した事もあるだろう。
そんなもろもろの問題を解決してくれるアプリ「SimpleCap」
フリーソフトなのだがとても優秀だ。
ダウンロードサイトからダウンロードして起動するだけですぐ使える。
「SimpleCap」

アプリを起動するとメニューバーにアイコンが追加される。
ここから操作可能だ。
では順番に見ていこう。

「SimpleCap」環境設定

  1. メニューバーから「環境設定…」を選択
  2. 上の「一般」タブをクリック
  3. 画像フォーマット 「PNG」を選択
  4. 保存場所 「選択…」ボタンをクリックしてデスクトップを選択

Macの画面キャプチャーを快適にするアプリ「SimpleCap」

Macの画面キャプチャーを快適にするアプリ「SimpleCap」
これで使用可能だ。
もちろんこれは私の好きな設定、フォーマットは「JPG」でも構わない。
PNGはファイルサイズが大きくなるのでブログにはJPGがお勧めだ。

ウィンドウ、範囲選択、メニュー、スクリーンなど、
とても多彩なスクリーンショットが撮影できる。
右上の赤い○が撮影ボタンなのでこれをクリックするだけだ。
選択範囲はサイズ調節可能なエリアが表示されるため正確に画面を切り取れる。
メニューを撮影する時はカウントダウンタイマーが表示されるので、
撮影したいメニューを出してタイマーを待てばいい。

ブログなどでメニューを掲載したい時などにとても便利だ。
もちろんこのブログも「SimpelCap」で撮影している。
こんな便利なアプリが無料で提供されている。
感謝感謝ありがたく使わせて頂きます!