Apple Mac

Mac

Mac アーカイブユーティリティの使い方

Mac OS には圧縮解凍アプリ「アーカイブユーティリティ」が標準装備されている。
しかし、この圧縮解凍アプリは奥まったところにあるため解りにくい。

格納場所、使い方、各種設定など順番に見ていこう。

アーカイブユーティリティの格納場所

「システム」>「ライブラリ」>「CoreServices」>「アーカイブユーティリティ」

アプリケーションフォルダではなく、システムフォルダ内のライブラリにある。

アーカイブユーティリティの使い方

  • ファイルやフォルダを右クリック
  • メニューバー「ファイル」から圧縮を選択
  • アーカイブユーティリティをドックに登録しドラッグ&ドロップ

考えられる使い方は上記3つだろう。
ここで注意が必要だ。
上2つの結果は同じだが、ドラッグ&ドロップで使った場合は結果が変わる。

右クリックとメニューバーで使用 zip形式
ドラッグ&ドロップで使用 オプションで指定の形式と処理

このオプションを使いこなせば、とても便利なツールになる。

アーカイブユーティリティのオプション

アーカイブユーティリティのメニューバーから「環境設定...」で設定可能だ。

フォーマット形式とアーカイブ後にどうするか?を選べる。
フォーマット形式はWindowsとのやり取りも考え、やはりzip形式が無難だろう。
「ファイルをゴミ箱に入れる」を選択すれば、圧縮後に自動で元ファイル(フォルダ)はゴミ箱に移動する。

Mac  アーカイブユーティリティの使い方

先にも書いたが、この設定はあくまでドラッグ&ドロップの時のみ反映される。

標準装備のアーカイブユーティリティ、便利設定で使いこなそう!

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

ドロップボックス 3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

EVERNOTE 4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-Mac
-, ,

© 2020 MAXI design Blog