iPhone

iPhoneを懐中電灯にする方法

iPhoneユーザーなら、外出時に必ずiPhoneを持って出るだろう。
このiPhoneのカメラ用フラッシュを懐中電灯として使用できる。

以前はたくさんのアプリが出ていたが、
iOS7からは標準で懐中電灯として使用できる。
では順番に見ていこう。

iPhoneを懐中電灯にする方法

  1. ホーム画面を表示
  2. 一番下の底辺あたりから指で上方向にスワイプ(画面を指で掃くような動き)
  3. 表示された操作パネルの左下、懐中電灯(ハンドライト)アイコンをタップ

iPhoneを懐中電灯にする方法

これで背面のLEDが点灯する。
かなり明るいライト!
ライトのアイコンをもう一度タップすればOFFできる。
操作パネルを隠すには上から下にスワイプすればいい。

非常時はもちろんだけど、暗い駐車場でものを落とした時などとても便利!
充電式なので電池切れの心配もない。
いざという時の為に覚えておきましょう!

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-iPhone
-, ,

© 2020 MAXI design Blog