Facebook Twitter WordPress

ワードプレス・フェイスブック・ツイッター 3つに自動投稿

こんにちは、うまです。
Web制作歴20年、ブログ歴は10年です。

FacebookをハブとしてSNSを活用する場合、どの情報をどこに流すかという疑問を常に持っている。
さまざまなアプリやプラグインで様々な方向にフィードを流す事ができるからだ。

技術的な事ではなく、コンテンツの持つ性質を基本に戻って考えてみる。

メディアごとの情報量を比較する

  • 最も情報量が多いのはWordPressに書かれた記事である。
  • 次に情報量が多いのはFacebookだ。
  • 最も情報量が少ないTwitterは、文字制限があり、外部サービスを使用しないと画像も使用できない。

シンプルに思考するとシンプルな答えが出てくるものだ。

WordPressで投稿された記事が、Facebookに自動的に流れ、Twitterにもタイトルとリンクが流れる。
これで情報の流れが決まった。

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-Facebook, Twitter, WordPress
-, ,

© 2020 MAXI design Blog