iTunes

Mac

iTunesでFeat.の含まれるアルバムをまとめる方法

もはや音楽アプリとして不動の定番「iTunes」Macユーザだけでなく、Windowsユーザにも必須アプリになっている。

CDを入れるとネット上のCDデータベースからアルバム名、アーティスト名などを取得。
自動で入れてくれるのはとても便利な機能だ。

しかしここで気がついた。。。
同じアルバムなのにバラバラになっている!

じっくり見ると、アルバムにアーティストが参加してくれた時に「フューチャリング」=Feat.として入っている。
これが問題の元だ。

つまりiTunesは別のアーティストとして認識してしまうので「別のアルバムですよ」と分けてしまうのだ。
このままでは気持ち悪いし、アルバム単位で音楽を聴く事もできないので、解決したい。
実はとても簡単!順番に見ていこう。

iTunesでFeat.の含まれるアルバムをまとめる方法

iTunesでFeat.の含まれるアルバムをまとめる方法

  1. バラバラの曲をすべて選択
  2. 「ファイル」メニューから「情報を見る」を選択
  3. 複数項目の情報が出るので「アルバムアーティスト」の項目にメインのアーティスト名を入力
  4. 「OK」をクリック

iTunesでFeat.の含まれるアルバムをまとめる方法

iTunesでFeat.の含まれるアルバムをまとめる方法

これで完了!
スッキリと同一アルバムに収まった。

この「アルバムアーティスト」という項目は「誰のアルバムか?」を指定する項目。
ここを指定しておけばFeat.だらけのアルバムもまとめる事ができる。
iPhoneやiPodで音楽を持ち出して楽しむのも母艦であるMacがきちんと管理できてないと意味がない。
整理整頓!スッキリとまとめよう!

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

ドロップボックス 3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

EVERNOTE 4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-Mac
-, , ,

© 2020 MAXI design Blog