iPhone

iPhoneのバックアップ方法(iCloud編)

毎日持ち歩いているiPhone4S。メール、写真、日々のメモなど、もう自分の分身のような存在です。
みなさんは大切なデータをバックアップしていますか?

後でがっくりしないように備えておきましょう。
まずはiPhone単体でできるバックアップ方法です。
iCloudにバックアップを作成します。手順を見て行きましょう!

iPhoneのバックアップ方法(iCloud編)

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 下の方にある「ストレージとバックアップ」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」を「オン」にする
  5. その下の「今すぐバックアップを作成」をタップ
  6. バックアップが作成されるのをじっと待つ

iPhoneのバックアップ方法(iCloud編)

iPhoneのバックアップ方法(iCloud編)

iPhoneのバックアップ方法(iCloud編)

これでOK! バックアップ完了です。
ネット速度にもよりますがWi-Fiで40分ぐらいかかりました。
今後は以下の条件を満たすと自動でiCloudにバックアップを作成します。

  • 電源に接続されている
  • ロックされている
  • Wi-Fiに接続されている

いくつか注意点があるのでまとめておきます。

iCloudにバックアップする時の注意点

  • Wi-Fi環境でないとバックアップできません!
  • 音楽と動画はバックアップされません。
  • iTunesuに接続しても自動でバックアップが作成されない。

ここまでスマホが普及するとデータもPC並みに重要になってきました。
データ保護、バックアップは重要です。
万一に備えてしっかり準備しましょう!

おすすめ記事

1

Facebook のユーザーIDを知りたい こんにちは、うまです。 個人事業主歴22年、Facebook歴10年です。 Facebookを利用していると、 自分のFacebook のユーザーIDが必要 ...

2

iCloudはどこからでもアクセスできる あまり知られていないがiCloudはブラウザーがあればWebサービスとしてアクセスできる。 これと言ってメリットも思いつかないが、 何かのアクシデントの時に覚 ...

3

Dropboxは便利なクラウドサービス Dropboxはもはや標準と言えるクラウドストレージサービスになったと思う。 操作方法も簡単で、 インストールすれば通常のフォルダと同じ感覚ですぐに使用できる。 ...

4

Evernoteを使っていると、別のノートの内容を見ながら作業をしたい場面が多々ある。そんな時に大活躍する小技が「ノートリンク」だ。 ノートからノートへのリンクを設置する標準装備のテクニックだ。 UR ...

-iPhone
-, ,

© 2020 MAXI design Blog