マニュアル

IMAPとPOPの違い

POPとは

POP3は、サーバーに届いたメールを自分のコンピュータに読み込んで保存します。

読み込んだ後、自分で設定した日数が経過するとサーバーからメールは削除されますが、

自分のPCには保存されたままです。

去年の仕事メールなど、振り返って確認するケースを考えるとPOP3の方がビジネスに向いています。

POPのメリット

  • ネットが無くても受信済みメールを閲覧可能。
  • サーバーの容量を節約できる。
  • 設定方法がシンプルで簡単。

POPのデメリット

  • 端末の容量を使ってデータを保存する。
  • 既読、削除などは端末ごとのため同期しない。
  • 送信済みメールは端末ごとに保存される。

IMAPとは

IMAPは、サーバーに保存してあるメールを自分のコンピュータで閲覧する仕組みです。

自分のPCで閲覧しているだけなので、保管用のコピーを作成しない限り、

自分のPCには保存されません。

保管場所がサーバーになるため、すぐに容量オーバーになる可能性があります。

IMAPのメリット

  • 既読メールが同期される。
  • 送信済みメールが同期される。
  • 削除メールが同期される。
  • ひとつの端末が壊れても他の端末でメール確認が可能。
  • 端末内にメールを保存しないため端末の容量を節約できる。

IMAPのデメリット

  • ネットに接続していないとメールを読めない。
  • サーバー上にすべてのメールを保存しているため、サーバーの容量を使います。

どちらを使用するべきか?

  1. シンプルに今まで通り使用したい。
  2. メールボックス容量に制限がある。
  3. 過去のメールを確認したい。

これらの条件があてはまる方は今までどおりのPOPを選択してください。

  1. 複雑な設定を駆使して新しい技術を使用したい。
  2. メールボックス容量に制限がない。
  3. 過去のメールを確認する必要がない。

IMAPでも設定を工夫すれば、ローカルにメールを保存する事が可能です。

これらの条件があてはまる方は新しいIMAPに挑戦してみるのも良いと思います。

マキシデザインサーバーでIMAPをご利用になる場合はすべて自己責任でお願いします。

メールボックス容量

マキシデザインが提供しているメールボックスには容量があります。

割り当てられたメールボックスが容量オーバーとなった場合、新しいメールを受信できなくなります。

IMAPは容量が無限にあれば、とても素晴らしいメリットもあります。

容量が限られたメールボックスの場合、POP3が無難な選択と言えます。

容量オーバーで受信できなければ、せっかくの新技術も意味がないからです。

安定したメール環境のため「POP」でのご利用をお願い致します。

-マニュアル

© 2020 MAXI design