Mac

Mac 音楽ファイルの余分な音をガレージバンドでカットする方法

投稿日:2014/02/02 更新日:

Macを使っていて音楽ファイルを編集したい時ってありますよね?

しかもできればフリーソフトとか有料ソフトなしで。

Macだけで編集できたら最高ですよね。

レコーダーなどで録音した会議記録、
自分の歌、
MP3とかの音楽、

これををMacに取り込んで最初の余分な音をカットしたい時とかです。

まぁこのままでも何も問題ないのですが、

やはりこだわりたい部分でもあります。

さっそく結論になりますが、

Macに標準付属のガレージバンドだけでできます!

それでは順番に編集方法を見ていきましょう。

Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

  1. まず編集したい音楽ファイルを用意
  2. GarageBandを起動
  3. 新規プロジェクト「Voice」を作成
  4. 好きな名前を付けて「作成」
  5. 編集したい音楽ファイルをメインウインドウの中央にドラッグ&ドロップ
  6. スペースキーを押してファイルを再生(ストップもスペースキー)
  7. カットしたい場所を見つけてそこに赤いラインをドラッグ(上の三角形)
  8. 編集したい音楽ファイルのトラックをワンクリックして選択
  9. メニューバー「編集」から「分割」を選択
  10. カットしたい部分をワンクリックして選択し「delete」
  11. 編集後のトラックを左にドラッグしてdeleteした部分を埋める
  12. メニューバー「共有」から「iTunesに曲を送信...」を選択
  13. 後で分かりやすい様にアーティスト名などを入力し「共有」をクリック
  14. iTunesが起動し自動で登録

Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

Mac 音楽ファイルの余分な音をカットする方法

これで完了!

iTunesに登録されれば後はiPhoneで持って外出も可能です。

今日のまとめ

音楽を作るだけでなく、GarageBandは色々な使い方ができます。

標準でインストールされてるアプリなのでガンガン活用しましょう!

  • この記事を書いた人
uma

uma

Webデザイナー/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/Photoshop/既婚/ 1998年に東京都渋谷区でWebデザイナー独立開業。HTMLとCSSを駆使してサイト構築していたらあっという間に開業20年。最近はWordpressを楽しんでいます。

-Mac
-, ,

Copyright© MAXI design Blog , 2018 All Rights Reserved.